« イベント終了しました | トップページ | F1のはなし »

2010年3月28日 (日)

「命の認識」展

東京大学総合研究博物館の特別展示
ギリギリで行くことが出来ました。
一度しか行けなかったことに後悔(u_u。)

広いとは言えない空間だけれど、その部屋は私にとっては、とても忙しい。
解説の無い展示はただそれらと対峙することを必要とされた気がして、
「命の認識」という言葉にまんまと苦悩する。

骨って美しい。
1
撮影していた方が沢山いたので私もつい・・・
連れ歩いてる子も一緒に、つい・・・良かったのかな?
目の前にいた係りの方は何も言わなかったのでOKなのでしょね。
こんな機会はなかなか無いので嬉しい、アリガトウございます。
Photo

アクリル水槽に沈むゾウの死産胎児は私がいままで見た標本の中で
もっとも美しくて、本当に可愛らしくて・・・そして哀しくて。
この哀しいは可哀想というのとはちょっと違います。
なんとも表現しがたい感覚に戸惑ってしまいました。
見るというより「会う」という感じ。。。

|

« イベント終了しました | トップページ | F1のはなし »